薔薇の水彩画

  • 2020.07.20 Monday
  • 18:19

東山魁夷記念館に咲いている薔薇の花を水彩で描いています。

 

和紙に水彩で朝顔を描きます。

 

飼い猫をモデルに水彩画製作。

椿

  • 2020.04.15 Wednesday
  • 10:00

コロナウィルスの影響でモナリザは現在、通常活動を自粛しております。

そこで会員の皆さんを元気づけるために会員限定の通信講座を開始しました。

自宅で制作している作品を写真に撮って、疑問点や悩んでいる事を文章で添

えてメールで送って下さい。講師の浅野がメールでアドバイス、講評します。

 

さて、悩める会員さんからの相談メールが届きました。

このブログで通信講座のやり取りを紹介していきたいと思います。

 

***************

添付した絵は、コロナさわぎの前、従兄の家の庭に咲いていた、

蕊の大きな、色の真っ赤な椿をもらってきて、描きました。
和紙に水彩絵の具で、描いたのですが、あまり気にいらなかった

ので、パステルで、全体に薄く上書きしました。
急ぎませんがアドバイスお願いします。

 

***************

講師からの一言アドバイス

 

この作品はあなたのいつもの感性が表れていて良いですね。
色が明るくて背景などに変化があって魅力的です。

画面上の方の葉、2枚の縁取りが強過ぎるようです。
葉のベースの色を少し濃い目にして自然な感じを出しましょう。
画面下の茶色の4本線は花瓶でしょうか?
もう少し明度を下げると花との距離感が出て奥行きが出ます。

色を楽しんでリラックスして描いている感じが伝わってくる
良い作品です。

 

 

***************

相談者からの返信

ありがとうございます!
コロナまけ、しないように楽しんで、描いていこうと思います。

 

ジャグのデッサン

  • 2020.04.13 Monday
  • 10:00

コロナウィルスの影響でモナリザは現在、通常活動を自粛しております。

そこで会員の皆さんを元気づけるために会員限定の通信講座を開始しました。

自宅で制作している作品を写真に撮って、疑問点や悩んでいる事を文章で添

えてメールで送って下さい。講師の浅野がメールでアドバイス、講評します。

 

さて、悩める会員さんからの相談メールが届きました。

このブログで通信講座のやり取りを紹介していきたいと思います。

 

***************

 

鉛筆デッサン

 

資料画像

 

こんにちはご無沙汰してますコロナウイルスで外出が出来ませんのでデッサンにてジャグ1個を仕上げてます
ジャグですが映りこみがスカッと決まりませんもう少し全体の色を濃くしたほうが良いですか?

紙はデッサン用紙をつかってます写真はデッサンと少し角度がちがってしまいました。

 

***************

講師の一言アドバイス

映りこみがスカッと決まりませんもう少し全体の色を濃くしたほうが良いですか?

 

丁寧に描いてしっかりした良いデッサンです。
まだ完成度はありません、もう少し描きましょう。

写真と見比べると形が縦長になってます。形自体は歪みはあまりありませんので
気にならないようならこのままでも良いですが正確に描きたいなら直しましょう。

底や注ぎ口の立ち上がりの回り込みをラインをもう一度確認しましょう。

全体にグレーでガラスの透明感がありません。もう少し明暗に幅をつけていきましょう。
取手や縁、側面などを黒くして厚みやガラスの質感を出しましょう。

画面左の影を描くなら影が映り込んだ壁があるはずです。
影を描くことで壁を描く気持ちで進めましょう。

形の狂いだけでなく、ガラスの質感や赤の美しさを感じながら描きましょう。

 

 

***************

相談者からの返信

早速のアドバイス有り難うございました
ヤッパリ縦が長かったですか何となくそんな気がしたのですが

幅なのか縦なのかが解らなかったのでスッキリしました

指摘頂いた部分本日なおしてみます
ありがとうございました

 

 

 

 

 

 

冬の日の公園2

  • 2020.04.11 Saturday
  • 10:00

コロナウィルスの影響でモナリザは現在、通常活動を自粛しております。

そこで会員の皆さんを元気づけるために会員限定の通信講座を開始しました。

自宅で制作している作品を写真に撮って、疑問点や悩んでいる事を文章で添

えてメールで送って下さい。講師の浅野がメールでアドバイス、講評します。

 

さて、悩める会員さんからの相談メールが届きました。

このブログで通信講座のやり取りを紹介していきたいと思います。

 

***************

 

水彩作品

 

資料画像

 

前回の公園の絵を、描き直してみました。
紙は水彩でも、パステルでも・・・という紙です。

地色が薄いベージュになっている紙です。
絵の具は透明水彩絵の具です。
なるべく、全体をみながら描いてみました。
よろしくお願いいたします。

 

***************

講師からの一言アドバイス

 

前回の公園の絵を、描き直してみました。

地色が薄いベージュになっている紙です。

なるべく、全体をみながら描いてみました。

前作品と比べてみると今回の作品の方がはるかに全体感が出ています。
公園の広がりが感じられる作品となりました。
前回のアドバイスを素直に聞き入れてまとまりのある作品となりました。
薄いベージュの紙もうまく利用していると思います。
が、
あなたらしさが出ていません。
いつも画面に見られる感性に呼びかけるような色使いが影を潜め
形重視でデッサン的な普通の絵になっています。
資料写真に見られるような冬の日独特の光に包まれている陽光も感じないし
立木の長い影を利用して画面を作っていく遊び心もありません。
それは何故か・・・
全部コロナウィルスが悪いんです。
いつの間にかストレスが溜まって感性が鈍っているのでは無いでしょうか。
一つ気づいた事があります。
今回のコロナウィルスの影響で自粛が続き世界中でいつもの生活が出来ません。
そこで少しでも皆さんの日々の楽しみや刺激のお手伝いは出来ないかと私は
メールでの通信講座を開始しました。
開始から2週間ほど経った現在まで10作品以上添削しています
添削した作品のうちの数点は今回の作品のようにアドバイスをもとに描き
直して、もう一度作品が送られてきます。
送られてくる2枚目の作品は全て前作より優れています。アドバイスを理解し
注意しながら描いています。皆さん、とっても優等生。
でもその絵には、前回の作品にはあった魅力的な部分が無くなっているんです。
その人だけにしか描けない個性豊かな感性溢れる視点が弱くなって「上手い絵」
になってしまっている。
アドバイスの仕方が悪いのかも知れませんね。
サークルでは常に制作の進み具合をチェックして会話出来るので意思の疎通が
メールよりも明確です。冗談を言い合いながらリラックスした中で制作が進め
られて良い緊張感にも包まれています。
しかしメールではアドバイスは一方的になりがちです。そして言葉とは違い文
字には強制力が付きまとってしまう。
皆さん根が真面目なのでアドバイスを忠実に守って描いていく。
「上手い絵」に自由奔放さは無く「言われた通りに描きました。」という課題
をクリアすることに終始する絵に変わってしまっている。
上手く描こうとする事や真面目な事は悪い事では無いのだけれど、このような
閉塞的な生活が続くといつの間にかストレスが溜まり遊び心や感動することに
鈍感になってしまう。
メールではどうしてもテクニック的な指導や画面構成に指摘が多くなってしま
います。ですが「絵を描く楽しさ」やそのモチーフや風景を選んだときの感動
や表現したかった事を忘れないで楽しみながら描いてください。
そのような気持ちで制作した作品にこそ個性が表れ感性が溢れるのです。
始めに自分が表現したかった事がそこに表現できているのか自問自答して下さい。
今回の2枚の作品も新作の方が上手で一般的には評価の高い作品になりますが
旧作の方が「冬の日の公園」を絵にしようという気概が感じられます。
1枚目の絵と今回の新作を並べて、冬の日の公園で感じた最初の感動を思い浮か
べながら自分で比べて観て下さい。新作に最初の感動が表現されていますか?
今回は技術的な事よりコロナ禍の中での作品の向き合い方がメインになりましたが
気を楽に頑張って下さい。
だいたい皆さん、いつもは人の話を半分くらいにしか聞いてないで好き勝手やって
るでしょう(笑)。

新作

 

前回の作品

 

***************

相談者からの返信

アドバイスありがとうございます!
先生のおっしゃるとおりだと思います!みんなコロナが悪いのですね(笑)
コロナというより、メールだと、注意だけ、グサグサと頭に入ってきてしま

う気もします。はやくお教室はじまると、いいですね! 

 

 

selected entries

categories

 

search this site.

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM