湯河原の梅林 その2

  • 2020.04.09 Thursday
  • 10:00

コロナウィルスの影響でモナリザは現在、通常活動を自粛しております。

そこで会員の皆さんを元気づけるために会員限定の通信講座を開始しました。

自宅で制作している作品を写真に撮って、疑問点や悩んでいる事を文章で添

えてメールで送って下さい。講師の浅野がメールでアドバイス、講評します。

 

さて、悩める会員さんからの相談メールが届きました。

このブログで通信講座のやり取りを紹介していきたいと思います。

 

***************

先日は御指導をいただき、ありがとうございました。
梅林の絵を描き直しました。
全体的に落ち着いた感じになったように思いますが、梅林の下のオレンジと
黄色の部分が右あがりになったのが気になりました。
(水で落としましたか、オレンジの線が残りました。)
左手前の梅の木をびしっと決めようと力が入って線がかたくなったかなあと
も思います。お時間のあるときにアドバイスをいただけると有り難いです。

 

 

***************

講師からの一言アドバイス。

 

梅林の絵を描き直しました。
全体的に落ち着いた感じになったように思いますが、梅林の下のオレンジと
黄色の部分が右あがりになったのが気になりました。
(水で落としましたか、オレンジの線が残りました。)
左手前の梅の木をびしっと決めようと力が入って線がかたくなったかなあと
も思います。
 
色は鮮やかになりました。丁寧な仕事も増えてしっかりした画面のように見えます。
気合も感じられますがそれが気負いになって画面全体が硬い印象です。
形の捉え方も観念的でデザイン的になって見えます。構図も平面的で奥行き感を感じません。
梅の咲く日本の春の雰囲気が感じられず部分的なテクニックや指摘された色彩の修正しか見
えて来ません。
大切なのは湯河原に梅を見に行った時、ご自分で感じた感動を表現することです。
旧作ではそれを感じる事が出来ましたが新作ではアドバイスされた事を注意して、より上手
く描こうという意識しか感じられません。写真を資料として参考にしながら制作されている
のだと思いますが旧作では写真を見ながらその時のことを思い出しながら描いていたのでは
ないでしょうか。それが新作では写真はただの資料になって事務的な作業として形の違いを
見たりしているだけで無感動です。
アドバイスをした箇所は上手に修正しているのでそういう意味では優等生ですが、
新作は優秀なロボットが描いたようで絵を描くための大切なものが失われています。
普段のあなたは、よく笑い、会話も機知に富んでいて周りを明るくしてくれます。
真面目で集中力もあり自分が納得するまで同じテーマの作品を何枚も描くほどのこだわりも
ある方です。そのこだわりとは自分の感動したことに直接繋がっていて今回のような作業重
視の作品ではないはずです。
では、なぜ今回は真面目に描いたにも関わらず1枚目には描かれたいた感動を表現できなか
ったのか。
全部コロナウィルスが悪いんです!
家にいる時間が多くなったりそれによりストレスがいつの間にか溜まって感動する事に鈍感
になり始めているのではないでしょうか。
お宅の窓から何が見えますか?
殺風景なお向かいの屋根と駐車場ですか?
電信柱と東京電力の電線ですか?
1日に数回、窓を開けて美しいものを見つけて下さい。
その殺風景な窓越しに・・。
雨が降れば景色が変わる。夕日になれば景色が変わる。夜になれば景色が変わる。
子供の声が聞こえれば景色が変わる。電線に鳥が留まれば景色が変わる。
あなたの凄いところは、ご自分にとっての美しいものを見つけるのが上手なところだと思っ
ています。審美眼というやつです。
今回は細かい箇所をいろいろ指摘するよりも新作と旧作、そして自分の記憶の中の感動をもう
一度比べて判断するのが一番良い方法だと思います。
完成した新作にあなたにとっての感動と美しさが表現できていますか?
新作
旧作
*****************
相談者からの返信
ご指摘いただいたこと、自分でも少し感じていたように思います。
なぜ前作には躍動感が感じられて、直した絵には感じられないのか、もやもやしていました。
かたい感じも線が直線だからかなあと技術的なことに終始してあれこれ考えていました。
(技術的にも未熟なので力が入って自然体で描けないこともあります。)
リラックスしてワクワクしながら描いた絵と、失敗しないようにここはこうしてと思いながら
描いた絵の違い、私の姿勢が出てしまうのですね。
絵を描くことに成果を求めて、色や構図ばかりに入りこんでいたありようが見えたように思います。
「感動したことを表現する」ことをもう一度心にとめたいと思います。
ありがとうございました。

江戸川・行徳橋辺りのスケッチ

  • 2020.04.08 Wednesday
  • 22:02

コロナウィルスの影響でモナリザは現在、通常活動を自粛しております。

そこで会員の皆さんを元気づけるために会員限定の通信講座を開始しました。

自宅で制作している作品を写真に撮って、疑問点や悩んでいる事を文章で添

えてメールで送って下さい。講師の浅野がメールでアドバイス、講評します。

 

さて、悩める会員さんからの相談メールが届きました。

このブログで通信講座のやり取りを紹介していきたいと思います。

 

***************

 

江戸川行徳橋の辺り

 

江戸川行徳橋辺りのスケッチ。ここまでしかわからないです。

 

***************

 

講師のひと言アドバイス

 

江戸川行徳橋辺りのスケッチ。ここまでしかわからないです。

 

水辺の風景画で大切なポイントは水平線です。

開けた海や大きな湖など遠くに水平線が見える風景とは違い

今回のような葦の群生した川の風景などは一見、水平線が

見つけ難いですが川面は水平を保っていなければ安定しません。

 

今回のスケッチも遠景の水平線に対して画面右側の陸地の

地平が落ち込んでしまっていて地形が安定していません。

右側の陸地に、より遠くの地平を描くなどの工夫が必要です。

 

陸地と水面との区別が分かり難いです。

中景から近景にかけての陸地との境も描き方が曖昧で水面との

区別が分かり難いです。

川面に使った滲みの表現もあやふやで効果的では無いです。

色を使って陸地と水面を先ず分けて表現すれば画面がわかりやすく

なって次にどこを描けば良いのか判断がつくはずです。

 

青系の限られた色幅での表現となっていますが濃淡のつけ方が

バラバラでバルールが狂っています。

全体感をチェックしながら遠近感を大切に進めるべきです。

特に杭の表現は色の濃淡で遠近感を描きやすいので画面の中で

有効的に使えるはずです。

 

サラッと描いたスケッチでもポイントを押さえて的確に描かないと

完成度の低い絵になってしまいます。

真っ直ぐなものは真っ直ぐに、硬いものは硬く描きましょう。

 

頑張って!

 

(*バルール 画面上での色またはトーンの持つ位置関係)

 

 

***************

相談者からの返信

アドバイスを参考に構図を絞り込んで何枚か描いてみます。

 

椿と水仙

  • 2020.04.07 Tuesday
  • 10:00

コロナウィルスの影響でモナリザは現在、通常活動を自粛しております。

そこで会員の皆さんを元気づけるために会員限定の通信講座を開始しました。

自宅で制作している作品を写真に撮って、疑問点や悩んでいる事を文章で添

えてメールで送って下さい。講師の浅野がメールでアドバイス、講評します。

 

さて、悩める会員さんからの相談メールが届きました。

このブログで通信講座のやり取りを紹介していきたいと思います。

 

***************

 

お花は、椿と水仙です。実際の色と変えて赤紫系の色の、濃淡にしてみました
アドバイスお願いします。

 

***************

 

講師のひと言アドバイス。

△花は、椿と水仙です。実際の色と変えて赤紫系の色の、濃淡にしてみました。
大胆にモチーフの色を変えて制作されたのだと思います。
気持ちの張りや勢いが感じられる良い作品だと思います。
私がもし展覧会場などで拝見した場合には色彩感覚や構図の面白さ、筆使いの勢いな
どを堪能し、楽しんで鑑賞すると思います。が、今回は今後の更なる上達の参考にな
ればと思い、
あえて
注文をつけさせていただきます。
この作品の見せ所というのは形の面白さと色彩感覚と融合。それを助ける筆遣いの妙
にあると思います。
中央のお花、姿といい、大きさといい申し分無いです。が、左右のお花に比べ色合い
が地味ですね。花の中央辺りの滲みムラも目立ちます。
画面下方、花器の白が柔らかくて良いのですがテーブル面を描いた、はけムラが出て
います。細かいことのようですがハケの勢いはそのままでムラが出ないような繊細な
仕事があってこそいつまでも見飽きない惚れ惚れするような作品になります。
参考にしてみてください。

 

 

***************

相談者からの返信

貴重なアドバイス、ありがとうございます!
うまくいえないのですが、、、とても参考になりました。
又描いてみます。

 

湯河原の梅園

  • 2020.04.04 Saturday
  • 10:00

コロナウィルスの影響でモナリザは現在、通常活動を自粛しております。

そこで会員の皆さんを元気づけるために会員限定の通信講座を開始しました。

自宅で制作している作品を写真に撮って、疑問点や悩んでいる事を文章で添

えてメールで送って下さい。講師の浅野がメールでアドバイス、講評します。

 

さて、悩める会員さんからの相談メールが届きました。

このブログで通信講座のやり取りを紹介していきたいと思います。

 

***************

 

湯河原の梅園を描いたのですが、少しゴチャゴチャした感じがするので、
右下の道をなくしてもう少し近づいた構図で描きなおしはじめたところです。
左側の山の色もうるさい感じかなとも思います。
アドバイスをいただけるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。

 

***************

講師のひと言アドバイス。

 

湯河原の梅園を描いたのですが、少しゴチャゴチャした感じがするので、
右下の道をなくしてもう少し近づいた構図で描きなおしはじめたところです。
左側の山の色もうるさい感じかなとも思います。
まず画面下方の道ですがこのままだと要らないですね。カットしましょう。
その場合地形が石垣と手前の梅の根元との関係が少々複雑なので自分なりに
整理すると良いと思います。単純にカットすると道のカーブに従って遠方の
道が中途半端に入ってしまうので石垣を下に増して修正しては如何でしょう。
また手前の2本の梅、左側の大きな梅の根元は画面から出して、右側の小さ
な梅の根元を画面に入れることで、より遠近感が感じられる構図となります。
梅の背景になる左側の山は色彩は良いので濃くすることで梅の花を目立たせ
ましょう。
同様に背景の野の色合いも少し濃くしましょう。
最後に遠方に書かれている右側の山ですがもう少しだけグレーに色味を感じ
させる色調を使うと春らしさや画面の華やかさが表現できると思います。
中景の木立と春霞の表現は力みがなく筆が走っていて秀逸です!
Very good!!  (←日本語では「とても良いです」という意味です。)

 

***************

ありがとうございます。
丁寧な御指導に感謝です。
梅の2本の木の位置関係にはっとしました。枝の表現にばかり意識がいってい
ました。
それから中景の木々の表現も自信がなかったので、very goodと言っていただ
いて力が湧きました!
アドバイスいただいたことを活かして、やってみたいと思います(^^)

 

categories

 

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM